SSブログ

夏の祖母山(そぼさん) 2009.7.4 (1)黒金尾根〜ウラ谷鼻 [山]

祖母山
1. 祖母山、馬の背より(ポップアート)

山頂付近に咲くオオヤマレンゲを見るために、夏の祖母山に登ってきました。

登りは、尾平から黒金尾根をいくルートで、登山口と山頂の標高差は1000m以上、所要4時間以上のコースとなっています。この時期に、このルートを行くのは、暑さに弱い私にとっては無謀と思えます。ともかく、暑さが厳しくなる前に山頂に辿り着きたいと考えて、自宅を午前3時半にでて、午前5時半には、尾平登山口前に到着しました。

今回、先日発売されたばかりのデジタルカメラ、OLYPUS PEN E-P1 を持参しました。いつもは、オリンパスのデジタル一眼レフを使っているのですが、山登りの際の荷物を少しでも軽くコンパクトにしたいと思い、装備に加えることに決定しました。

という訳で、以降の記事は、登山レポートではなく、デジカメの使用レポートみたいな感じになりそうな気がします ^^;

午前6時、尾平登山口を出発。山頂付近の様子は、雲に覆われてみる事ができません。

谷沿いを30分ほど歩くと、黒金尾根の取り付き地点です。ここから2時間以上、キツい登りが続きます。前半は風が殆ど無く、蒸し暑さで汗でビッショリです。黒金尾根の登りの後半では、霧につつまれ空気もヒンヤリですすが、霧に濡れたスズタケに覆われた登山道を進むうち、ずぶ濡れ状態になってしまいました。天狗の水場を過ぎたあたり、霧のブナ原生林、苔むした岩場など、絶好のシーンがあったのですが、疲れていたし、カメラが濡れるのが嫌なので、素通りです。

午前9時、黒金尾根を突き上げ、「天狗ノ分かれ」着。

山頂は、まだ先ですが、ここら付近で休憩します。初めはガスで覆われ何も見えなかったのですが、おやつのドーナツを齧っていると、次第に霧が晴れて来ました。食べかけのドーナツはひとまず脇において、ザックからカメラを取り出します。ここから、アートフィルター祭りの始まり〜!

祖母山、ウラ谷鼻(1)
2. 祖母山、ウラ谷岩 (Aモード) ※クリックで拡大します

上の写真は基準となる一枚で、標準のA(絞り優先)モードで撮影したものです。レンズは17mmのパンケーキです。

祖母山、ファンタジックフォーカス
3. ファンタジック・フォーカス ※クリックで拡大

祖母山、ラフモノクローム
4. ラフモノクローム ※クリックで拡大

ファタジック・フォーカスは、霧で包まれた様な雰囲気がいいですね?!ラフモノクロームは、、、冬山で使うといいかも。

次は、マルチアスペクトの合わせ技を使ってみます。オリンパスのデジカメでは、標準のアスペクト比(写真の縦横の比率)は4:3なのですが、撮影時に上下または左右を切り出して、表示・撮影する機能で、16:9(ハイビジョンテレビ)、3:2(35mmフィルム)、6:6(正方形;ハッセル?)などが選べます。コンデジでは一般的な機能だと思いますが、一眼レフではマイナーな機能とおもいます。

ウラ谷鼻、トイフォト
5. トイフォト 6:6

ちなみに、上の写真の岩場は、ウラ谷鼻と言います。展望所があるので、後で立ち寄ります。

祖母山、ポップアート
6. ポップアート 16:9

写した写真をハイビジョンテレビで鑑賞するなら、こんな感じがいいかな。また、単焦点レンズでもアスペクト比を変える事で、表現が違ってくるのは面白いです。

ウラ谷鼻とヤマボウシ
7. ウラ谷鼻とヤマボウシ(ポップアート)

アートフィルターの中で、ぼくが一番使いそうなのは、「ポップアート」です。高コントラスト、高彩度で、ポジフィルムのベルビアのような絵造りかな?と思いました。

ウラ谷鼻の展望所へと、場所を移動します。昨年の秋に登った時は、ここから見下ろす紅葉した風景に感動したものです。さて、夏の景色はどんなでしょうか。

ウラ谷鼻の看板
8. ポップアートしてるね〜

パンケーキ(17mm f/2.8)から、ズームレンズ(14-42mm f/3.5-5.6)にレンズを交換して撮影しました。こいつは、ズームレンズとしては超小型なのですが、E-P1に装着するとやや重くてバランスが良くない様な気がします。沈胴式も、コンパクト化の為には止む得ないとしても、ちょっと面倒くさいです。

ウラ谷鼻の眺め
9. ウラ谷鼻の眺め(ポップアート 16:9)

絶壁の上からの撮影で、腰が引けています [ふらふら]

ウラ谷鼻より
10. ポップアート

岩場に、一輪の花が咲いているのに気が付きました。

XXXギボウシ
11. ギボウシ? (ポップアート)

某誌に、祖母山固有種のギボウシがあると書いてありましたが、これのことでしょうか?

つづく。

(PEN E-P1 + M.ZD 17mm , M.ZD 14-42mm)

祖母山




nice!(14)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 14

コメント 7

みなみ

OLYPUS PEN E-P1 の使用感はいかがですか?
デジタル一眼レフとの大きな違いは?
たしか、ファインダーが無くプレビューで構図を決めるのですね?
by みなみ (2009-07-05 12:50) 

ふかぴょん

みなみさん、こんにちは
一眼レフとの違いは、ミラーやファインダを無くしたので、その分は小型軽量になっています。したがって、液晶画面でライブビュー専用のカメラといえます。撮影スタイルは、普通のデジカメと同じと考えて差し支えありません。

交換レンズに関しては、オリンパスから2本しか発売されていませんが、パナソニックのLUMIX G-1やGH-1用のレンズと互換性があります。また別途、マウントアダプターを使用すれば、既存のフォーサーズ用レンズも流用できます。また、画角は変わりますが、レンジファインダー用のレンズを装着するアダプタもあります。

結論をいいますと、オリンパスの一眼レフのユーザなら買って後悔はしないと思いますが、既存の一眼レフとの使い分けが悩ましいです。
今は人気で品薄気味で値段も高めであるし、デザインに拘らなければパナソニック製はコストパフォーマンスが良いので、この辺も悩ましいです ^^

by ふかぴょん (2009-07-05 13:29) 

gonntan

なるほどなるほど ラフモノクロームはそのまんま冬山!ですね。
by gonntan (2009-07-05 20:33) 

an-kazu

んー、気になるカメラだφ(..)メモメモ
by an-kazu (2009-07-05 22:07) 

ふかぴょん

gonntanさん、こんにちは

夏山に登った時は、モノクロよりも、
濃い緑や青い空を鮮やかな色で残したいです!
by ふかぴょん (2009-07-10 15:49) 

ふかぴょん

an-kazuさん、こんにちは

お勧めですよ〜!
by ふかぴょん (2009-07-10 15:51) 

joyclimb

ポップアート、色鮮やかでいいですね!
新緑や紅葉も鮮やかに写りそうですね。
by joyclimb (2009-07-10 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます